2004年12月10日

BASS第1号メンバー、ドン・バトラー死去

  BASSの第1号メンバーとして団体の創設者であるレイ・スコット自身にメンバー登録料を手渡ししたと言い伝えられているドン・バトラー。選手としてもバスマスター・クラシックを制覇するなど輝かしい成績を残したことも有名である。そんなバトラーではあるが、ここ数年間はガンとの闘病生活を続けており、12月7日、彼はその長い生涯の幕を閉じた。

 スコットによると「BASSの旗揚げ以前、ドンに釣り団体を設立することを告げると『メンバーになるにはいくらかかる』と訊かれ10ドルと答えた。すると今度はライフタイム・メンバーシップはいくらかかるかと訊かれ、そんなアイデアは持っていなかったが、100ドルだと告げた。彼は自分の財布を取り出すと、その場で100ドルを手渡してくれた。彼はライフタイム・メンバーシップの第1号でもあったんだ」と述べている。
 またスコットはバトラーの粋な計らいについても語っている。「60年代後期、メンバーを増やそうとダイレクトメールをアングラーに送っていたのだが、切手代すら底をつく経済的に不安定な時期があった。私はドンにそのことを相談すると、次の朝、銀行から連絡が入って、いくらか振り込まれているという。それで銀行に出向いてチェックすると、1万ドルが入金されていた。ドンは振り込みの際に彼の名前すら残さず黙って助けてくれた」という素晴らしいエピソードもある。
 
 ドン・バトラーは第1回から第3回バスマスター・クラシックに連続出場を果たし、1972年大会で優勝。1973年にはアーカンソー・インビテーショナルでも優勝するなど、トーナメント・アングラーとしても活躍した。
 心よりご冥福をお祈り申し上げます。        basswaveスタッフ一同

Posted by DODGE at 2004年12月10日 14:11 in 海外トーナメント:BASS

mark-aa.jpg