2004年12月06日

初戦は中止に/ W.B.S.2005 第1戦

 茨城県霞ヶ浦を舞台に12月5日に開催される予定だったW.B.S. プロチーム・トーナメント2005 第1戦は、5日未明に関東地方を通過した低気圧による悪天のため中止となった。当初台風27号と呼ばれていたものが5日未明に低気圧へと変化。その影響で千葉県北部では最大瞬間風速が47mを越えるという暴風雨が発生した。5日の早朝、大会開催のために土浦新港へ集合した選手たちは、そこで驚愕の場面を目撃する。堤防で囲まれている港内ではあったが、港内でさえも湖面がうねりを上げている状態。これではボートをランチングすることも困難で、港の外はまさに台風の模様を中継するTVのワンシーンそのものだった。W.B.S.オフィシャルは選手会との協議の上、大会の中止を発表。第1戦が消滅したため、これが「中止」なのか「延期」なのかを問い合わせてみたところ、W.B.S.横山鉄夫会長は「(土浦新港を使用する)日程調整とか許可申請とか、選手のスケジュールを考えると中止の可能性は高い。ただし今年は全戦がワンデー形式で開催されるから、どれかをツーデイのように土日にして、土曜日を第1戦の振り替え、日曜日を予定どおりの大会にするのも面白いかもしれない。今後この中止についても検討する予定」と語っている。ちなみにこの暴風雨は午前7時ころには収まり、その後東日本の各地で気温25℃を越える観測史上12月の最高気温を記録する夏日と変貌した。またW.B.S.史上大会の開催中止は過去に4度起こっている(1997年度第3戦、1999年度第5戦、2002年スーパースリーデイズ2日め、2004年度クラシック初日)。

+WBSonLINE

Posted by DODGE at 2004年12月06日 11:34 in 国内トーナメント

mark-aa.jpg