2004年10月04日

水質改善に向けて/ 第9回霞ヶ浦意見交換会

 国土交通省関東地方整備局霞ヶ浦河川事務所主催で2002年12月15日から開催がはじまった「霞ヶ浦意見交換会」。水位、生態系、水質、産業・観光、環境教育・住民参加などのテーマが全8回にわたり行政と一般が議論、意見を交換した。そして2004年10月3日、土浦市で開催された第9回では、今までディスカッションされた中でももっとも関心の高かった「水質」をもう1段階踏み込み、「霞ヶ浦における水質改善にむけて」について意見が交わされた。元東京大学農学部教授・田渕俊雄さんによる水質改善の話題提供が発表され、私見として「生活系、工場・事業場系、畜産系、多肥畑地・樹園地系、養殖系などの汚濁負荷」と「森林、湿地、・水田、河岸・湖内生態系、漁獲などの浄化機能」の衰退、消滅などが指摘された、その他にも多くの意見が各方面から挙げられた。また第9回で配布された資料は、霞ヶ浦河川事務所のウェブサイトで観覧できる(現在は準備中。ただし第1〜8回までは掲載されている)。

+国土交通省関東地方整備局霞ヶ浦河川事務所

Posted by DODGE at 2004年10月04日 10:10 in 自然環境関連

mark-aa.jpg