2004年09月20日

世界各地の踊りや音楽を披露 大津で「多文化交流フェス」

 滋賀県内の外国籍住民や支援団体などが交流する「ええやんか!おうみ多文化交流フェスティバル」が19日、大津市打出浜のびわ湖ホール一帯で開かれた。世界各地の踊りや音楽を披露する舞台のほか、数多くの料理の店が登場し、大勢の市民らが楽しんだ。

 市民団体の近江渡来人倶楽部や県、各市町の国際協会などが実行委員会をつくり、国際化や外国文化を体感してもらおうと初めて開催した。
 ホールでは、日本とモンゴルの琴演奏の共演や、ブラジルの格闘技カポエイラなどが披露された。また、県内に住む外国人青年の討論会や外国籍住民支援にかかわる県内の団体や学校のパネル展も行われた。
 近くのなぎさ公園では、各国の料理や民芸品の店が並び、チヂミやキムチ入りうどんなど韓国料理や琵琶湖のブラックバスを使ったハンバーガーが人気を集めた。
 さらに、ホール前では、江州音頭や韓国のサムルノリ、ボリビアやペルーの踊りのパレードも行われ、多くの市民が参加してにぎわった。(京都新聞)

+Yahoo!ニュース-滋賀-京都新聞

Posted by jun at 2004年09月20日 06:28 in 各種イベント

mark-aa.jpg