2004年09月04日

蛯原英夫・桂裕貴チームが驚異の7760gをウエイイン/W.B.S. 第5戦:初日

 7月4〜5日の日程で茨城県霞ヶ浦を舞台に開催されているW.B.S.第5戦(今季最終戦)が初日からお祭り騒ぎのウエイインとなっている。全戦を消化すると10月に開催されるW.B.S.クラシックの出場メンバーが発表されるのだが、クラシックにクオリファイされるのは前年度チャンピオン、スーパースリーデイズの上位3名、年間順位の上位ボーター15名とノンボーター部門の上位3名である。第4戦を終了時点のボーター部門の上位15名に差はほとんどなく、1尾のビッグフィッシュで順位が大幅に入れ替わる状態。そして最終戦はトゥーデイズ形式で開催されるため、ウエイインされるバスのウエイトも必然的に上がる。そんな中、プラクティスから好調だとウワサされていた蛯原英夫・桂裕貴チームが7尾で7760gをウエイイン。その他7組も7尾をウエイインしている。これで混戦がさらに混戦へともつれ込んだ。初日の順位2位以下は順に、鳥澤徹・木村幸広チーム、粟嶋英之・ 山口将司チーム、荻野貴生・今井亮介チーム、赤羽修弥・武恵一チームが入っている。

+WBSonLINE

Posted by DODGE at 2004年09月04日 20:54 in 国内トーナメント

mark-aa.jpg