2004年09月02日

「バス指定やめて」7千件 外来種被害防止法

 固有の生態系を乱す外来種を「特定外来生物」に指定して規制する外来種被害防止法の基本方針策定に向けて、環境、農水両省が国民の意見を問うパブリックコメントを募集したのに対し、方針案には含まれていない「ブラックバス指定」への反対意見が殺到、7785件に上ったことが1日、分かった。

 具体的な種名の選定をめぐる意見募集はまだ先だが、バス指定に賛成する意見も315件。バスが固有種を駆逐するかどうかの「バス論争」が続く中で、釣り愛好団体がホームページで意見提出を呼び掛け、バス擁護派が攻勢をかけた形だ。
 基本方針は、特定外来生物の指定や取り扱いについての考え方を示すもので、中央環境審議会小委員会で原案を検討。7月から1カ月間の意見募集で延べ約1万2700件の意見が寄せられた。
(共同通信) - 9月1日

+Yahoo!-社会-共同通信

Posted by jun at 2004年09月02日 01:28 in 内水面行政関連

mark-aa.jpg