2004年08月15日

外来魚のハクレン、4000匹死ぬ−−千葉、茨城県境の利根川/千葉

 国交省関東地方整備局・利根川下流河川事務所は13日、千葉と茨城県境を流れる利根川で、外来魚のハクレン(コイ科)の死魚約4000匹を回収した、と発表した。

 死魚が見つかったのは、利根川河口付近の東庄町から上流の下総町にかけての約50キロの区間。体長約80センチの成魚で、10日から回収作業を行い、12日までにほぼ作業を終えた。水質に異常はなく、県内水面水産研究センター(佐倉市)の分析調査でも死因は特定できなかったという。
 同事務所によると、霞ケ浦に生息するハクレンは、夏場に利根川をそ上して産卵する習性があり、これまでにも、100匹単位の死魚が確認されたことはあった。同事務所で詳しい原因を調べている。【亀井和真】8月14日朝刊 (毎日新聞)
+Yahoo!-千葉-毎日新聞

Posted by jun at 2004年08月15日 01:51 in 自然環境関連

mark-aa.jpg