2004年07月31日

大森貴洋さんが首位に/BASS CITGO バスマスタークラシック:初日

 
 ノースキャロライナ州レイク・ワイリーで開幕したBASS CITGO バスマスタークラシックは初日のウエイインが終了。16Lb2ozというこの日のトップウエイトを叩き出したのは、大森貴洋さん。2001年、そして昨年に続いて3度めのクラシックとなるが、暫定とはいえ首位に立ったのは自身初。今年は深江真一さんがFLW TOURのアングラーオブザイヤーを獲得するという快挙を達成しているだけに、日本人2人めの快挙となるのか注目したい。以下、上位陣は2位にディフェンディングチャンピオンのマイケル・アイコネリがつけ、3位ディーン・ロハス、4位デニー・ブラウワー、5位トミー・ビッフルとなっている。なお、BASSのウェブサイトのリアルタイム・リーダーボードでは、大会のウエイインのもようをライブで見ることができる。

+BASS
+バスマスタークラシック・リアルタイム・リーダーボード

Posted by jun at 2004年07月31日 07:46 in 海外トーナメント:BASS

mark-aa.jpg