2004年06月02日

ブラックバスの稚魚18万匹を駆除−−伊豆沼・内沼で環境保全財団/宮城

 伊豆沼・内沼環境保全財団は30日、両沼でブラックバスの稚魚すくいを行い、重量で2.5キロ、推定18万匹を駆除した。稚魚すくいは、並行して実施している人工産卵床作戦、秋に行う成魚を捕獲する定置網・刺し網作戦に並ぶ重要な手法で、6月末まで続ける予定。

 稚魚は体長1〜1.5センチ。今月上旬以後、人工産卵床以外の産卵場でふ化したらしい。同財団は市民ボランティアのバス・バスターズの助力を受け総勢20人が3班に分かれ、目の詰まった三角網で3時間にわたりすくい続けた。【小原博人】(毎日新聞)

+Yahoo!ニュース-宮城-毎日新聞

Posted by jun at 2004年06月02日 10:37 in ブラックバス問題

mark-aa.jpg