2004年05月20日

19日付けのKHV関連ニュース

 各地で感染が確認され、大きな問題となっているコイヘルペスウイルス(KHV)。岐阜県では農業用ため池で死んでいたコイに感染の疑いがあるほか、兵庫県では県内で初めて神戸市と加古川市のコイから陽性反応が出た。

コイヘルペス 5匹に感染の疑い 農業ため池の大量死で−−各務原/岐阜
 
 各務原市は18日、同市各務おがせ町の「おがせ池」で、12〜18日までに死んでいたコイのうち、5匹がコイヘルペスウイルス(KHV)病に感染している疑いがあると発表した。県を通じて三重県玉城町の養殖研究所に2次検査を依頼。結果は今週末までに判明するという。
 12日に地元自治会から「コイが死んでいる」と市役所に通報があり調査したところ、18日朝までに65匹のマゴイと錦ゴイが死んでいるのを確認。12日と14日に死んだコイ10匹のうち、6匹を下呂市の淡水魚研究所で1次検査を実施し、うち5匹が陽性だった。
 おがせ池は、市が管理する農業ため池。周囲約4キロメートル、約8万3000平方メートル。約3万〜5万匹のコイが生息している。昨年1月からコイの放流は行っていないという。
 同市では昨年11月、市内の釣り堀で1匹の感染例がある。【佐野裕】(毎日新聞)
+(Yahoo!ニュース-岐阜-毎日新聞)


コイヘルペス 神戸と加古川の池で陽性−−県内で初めて/神戸

 県は18日、神戸市と加古川市内の池で17日に採取したニシキゴイとマゴイ各1匹からコイヘルペスの陽性反応が出た、と発表した。県内で初めて。いずれもコイの所有者から「先週から複数のコイが死んでいる」と通報を受け、調べていた。三重県の水産総合研究センターで確定診断を受ける。結果は21日以降に判明する予定。【長尾真希子】(毎日新聞)
+(Yahoo!ニュース-兵庫-毎日新聞)

Posted by jun at 2004年05月20日 14:54 in KHV関連

mark-aa.jpg