2004年05月11日

ショウ・グリズビーが手術のためElite 50出場をキャンセル

 B.A.S.S.トーナメントで8度の優勝を誇り、生涯獲得賞金額5位のベテランアングラー、ショウ・グリズビーが、心臓のバイパス手術を受けることになった。このため残りのB.A.S.S. Elite 50出場をキャンセルし、来シーズンへ向けての回復を目指す。

 今月11日に48歳になったばかりのグリズビーは「Elite 50は非常に素晴らしいトーナメントだし、残りの試合での自信もあっただけに残念」と語り、「コンペティターとしてトーナメントを欠場するのは辛い選択だし、プロアングラーなら多少の苦痛を押してでも仕事をするべきだと思う」とつけ加えた。病状は急を要するものではなく、出術も生命にかかわるものではないという。
 また、Elite 50は最下位でも賞金が受け取れることから、B.A.S.S. はグリズビーがトーナメントに出場していた場合に最低限受け取れるはずだった2万ドルを授与すると発表。B.A.S.S.のゼネラル・マネージャー兼副社長のディーン・ケッセルは「これが大変な思いをしている彼の家族の助けになることを祈っている」と話した。
 グリズビーは間もなく手術を受けるが、順調に回復すれば7月8〜11日に開催される“ESPN GREAT OUTDOOR GAMES 2004”が復帰後最初のトーナメントとなりそうだ。

+BASS
+ショウ・グリズビー

 

Posted by jun at 2004年05月11日 17:03 in 海外トーナメント:BASS

mark-aa.jpg