2004年05月07日

ゼゼラノートに“ギョバカン研究会”が登場

 琵琶湖のキャッチ&リリースを禁止した条例に関する情報を集積している「ゼゼラノート」に、“ギョバカン研究会”というコーナーが誕生した。

 宮城県や栃木県などの内水面漁場管理委員会が、今年に入ってから外来魚のキャッチ&リリースを禁止する委員会指示を出している。この“ギョバカン研究会”では、各都道府県の内水面漁場管理委員会議事録の入手方法や、内水面漁場管理委員会委員の選任について解説されている。
 キャッチ&リリースが禁止となった都道府県に住んでいる方は、議事録を読むことでどのような経緯で委員会指示が出されたのかを知ることができる。また、興味ある都道府県の議事録を入手したい、あるいは漁場管理委員の選任に関して意見を出したいという方は参考にするといいだろう。

+ゼゼラノート

Posted by jun at 2004年05月07日 22:35 in ブラックバス問題, 内水面行政関連

mark-aa.jpg