2004年05月04日

「琵琶湖ルール」徹底へ“監視” 船、ヘリ使い170人が呼び掛け

 琵琶湖でレジャーを楽しむ人たちにマナーの向上を訴えるキャンペーンが2日、県内各地の琵琶湖岸で行われた。国松善次知事も参加し、外来魚の放流禁止などの「琵琶湖ルール」の徹底やごみの持ち帰りなどを釣り客に呼び掛けた。

 キャンペーンは3年前から毎年、レジャー客が多い大型連休中に県などが行っている。今年は琵琶湖河川事務所や水資源機構琵琶湖開発総合監理所など国の関連団体も初めて参加、水質調査船など7隻やヘリコプター1台も使って計約170人で行った。
 大津市の大津港周辺では、「1日琵琶湖レジャー利用監視員」になったの国松知事が「琵琶湖ルールを守ってもらうよう継続して呼びかけ、着実に琵琶湖を美しくしていきたい」とあいさつ。このあと、他の県職員とともに釣り客らにチラシやティッシュを配り、「釣った外来魚は持ち帰るか回収ボックスに入れてください」と呼びかけた。(京都新聞)

+Yahoo! ニュース-滋賀-京都新聞

Posted by jun at 2004年05月04日 11:37 in 内水面行政関連

mark-aa.jpg