2004年02月19日

茨城県知事、コイ養殖業者への廃業補償を否定

 茨城県・霞ケ浦などで、食用養殖コイがコイヘルペスウイルス病で大量死した問題で、茨城県の橋本昌知事は18日、記者会見で養殖業者が求めている廃業補償について「農水省も否定している。今のところ県が独自に廃業補償することは考えていない」と述べた。茨城県は霞ケ浦、北浦の養殖業者に対し、コイの全量処分命令を出し、現在処分が続いている。実勢価格の8割が補償されるが、業者側は生活補償や設備撤去費など、いけす一面当たり約200万円の廃業補償を求めていた。橋本知事は、廃業で一本化したとされていた58業者が、廃業、継続、検討中でそれぞれ3分の1ずつに分かれているとの報告を受けたことも明らかにした。(Yahoo!ニュース-社会-共同通信

Posted by DODGE at 2004年02月19日 12:05 in KHV関連

mark-aa.jpg