2004年02月13日

FLWツアー第2戦:中間報告

 2日めを終了したFLWツアー第2戦。3日め(決勝ラウンド)に進出できるのはトップ10のみだが、11位以下はすでに競技が終了しているため、第2戦分のスタンディング・ポイントが与えられた。これにより、今シーズンから参戦している深江真一さんが年間総合成績争いの首位に立った。FLWサイトでは「昨シーズン、日本の団体“JB”でAOYを獲得したシンイチ・フカエは、自身デビュー戦となった第1戦で世界の強豪と対峙し4位に入賞。第2戦では見事11位入賞し、多くのアングラーを驚かせた」と称えている。また深江さんは「日本は小さなスポットに大勢のアングラーが集まって釣り合うが、アメリカの湖は広く、釣る場所がたくさんある。(初参戦なので)できるだけ多くの情報を得るように心がけて、毎日学習している。今日までの結果には満足している」と語った。詳細はFLWサイトにて。

Posted by at 2004年02月13日 16:40 in 海外トーナメント:FLW

mark-aa.jpg